単身赴任 引越し

MENU

 

↑引越し費用が最大50%OFF!単身プランが激安!↑

単身赴任が決定した際の最優先事項でもある単身赴任先への引越しを業者に依頼する際は必ず、早めの日程の調整と費用の比較をしておきましょう!

単身引越しパックが安い引越し会社は?

会社からの単身赴任の手当てや一時金もあると思いますが、一人暮らし、単身プランはお得な引越し料金となっています。県外、県内、市外、市内によって費用は違いますが、単身パックの相場は10万〜5万円程度を想定しておくとよいでしょう。

 

5万円以下程度の引越し費用を相場目安として、複数の業者の見積もりを請求して、競合させましょう!!近距離の単身プランであれば2万円程度の費用で済む場合もありますので、ラクして手軽に安く引越しを済ませちゃいましょうね♪

 

>> 安く引っ越しを済ませる方法はコチラ!

 

単身赴任とはいえ、引越しの準備や手続き、結構大変です。早めの準備と手配で単身赴任や転勤、住まいなどの手配や手間を軽減するようにしてください。引越し後の疲労や気疲れが後に続くと仕事や生活にも影響がでますので・・・。

 

↓業者への一括見積り請求と予約確認が便利なサイトはコチラ♪

 

引越し料金比較サイト 引越し侍 

特典で最大10万円キャッシュバックのチャンス!

 

■引越し見積りで最大10万円キャッシュバック♪
■カンタンに引越し見積りが請求できます!
■登録は完全無料♪

 

引越し料金比較サイト 引越し侍の公式サイトはコチラ!

 

ズバット引越し比較 

大手引越し会社への見積り請求が最短1分で登録完了します!

 

■最大200社の引越し会社から見積りチェック!
■完全無料で引越し見積もりを請求OK!
■最大50%OFFも♪
■単身引越しパックの各社比較も可能です!

 

ズバット引越し比較の公式サイトはコチラ!

 

 

シーズンによっては業者も予約が困難です。ネットの引越し業者一括無料見積もり請求サイトで費用とスケジュールのチェックができます!単身赴任の場合、早くて3日後、1週間以内の転勤完了は当たり前です。


単身赴任のための引越し準備とスケジュール

単身赴任,引越し,準備,手続き,

単身赴任が決定したら、準備として「家探し」、「入居手続き」が準備の最初です。

 

その後、引越し業者探し、料金査定、ケジュール決定、完了となります。転勤の内示があったら、単身赴任先の住まい探しと同時に引越し業者にも早めに見積もりを依頼しておきましょうね。結構、時間も手間もかかりますので・・・。

 

ちなみに、準備期間中に家族との意見の相違や考え方、今後の生活スタイルを話し合っておくとよいですよ。単身赴任が始まったら、コミュニケーション不足も起こりやすいので・・・。

 

単身赴任の準備はコチラ!

会社からの転勤辞令
会社からの転勤内示等がだされます。

 

決定か拒否
単身赴任について家族とよく話し合ってきめましょう!夫婦生活問題、経済的負担、子供さんへの心理的影響もあります。

 

住宅探し
アパート、マンション、一戸建てから住宅準備をします。
会社や勤め先からの補助がある場合は家賃のチェックも。インターネット不動産検索サイトを有効活用しましょう!

 

入居先のチェックと入居手続き
必要に応じてインターネットでのチェックのみで住宅予約をすませましょう。
赴任先に一度訪問して家探しをしている時間がないかもしれません。

 

会社への報告と転勤・引越し手続き
住居の決定と住宅、連絡先を伝えます。
また必要に応じて各種経費を請求します。

 

引越し業者探しと日程の決定
不動産住宅探しにメドを付けたら引越し業者に依頼しましょう。単身とはいえ家族のみの引越しは肉体的・精神的に疲労が大きいです。単身赴任による会社の手当、費用科目等も確認しておきましょう。

 

生活必需品や家電の購入準備
生活必需品(食器や洗剤、入浴セット、カーテン、布団、シーツなど)に加えて、ドライヤー、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの生活家電も必要です。必要に応じてレンタルやリースを利用することも想定しておきましょう!

 

単身赴任が決定!引越し準備
荷物の移動は業者に任せて、単身赴任先へ移動しましょう!

 

各手続き
赴任先役場等に住所変更等をする場合は手続きが必要です。また電気、ガス、水道、電話、インターネット等も事前に準備をしておきましょう。電話での連絡を事前にしておくとラクです。

 

赴任地での会社初出勤
生活の準備ができたら転勤先の事務所・オフィス・職場に初出勤です。手土産等があると喜ばれます。

 

住所変更等が必要な場合は役所等で手続き
免許や各種公的手続きのために役所等にいく場合は、一度会社に出勤してから、事後として手続きに行きましょう!

 

単身赴任は決定から引越し、初出勤まで怒涛の忙しさです!!出費もとても多くなりますので、必ず全ての出費や移動、宿泊などの領収書をもらっておきましょう!

 

最近では以前と違い、単身赴任でも自己出費が増えている傾向にあります。。。できるだけ会社に請求ができるようにお願いしましょう!


単身赴任 夫婦生活

会社の辞令、指示とはいえ夫婦生活、家庭生活に支障をきたしてはいけません。

 

スキンシップが減ってしまう分、インターネット環境を利用したコミュニケーションを多くとるようにしましょう♪スマートフォンでスカイプなどを使ってカメラと音声で動画チャットをしたり、文字で気持ちを伝えるメールを送ったり、LINEを利用してメッセージを送るなど、遠距離恋愛気分を盛り上げてもいいでしょう。

 

一番良くないのが慣れ、倦怠による「コミュニケーション不足」。

 

コミュニケーションが不足すると、帰省したり、会いに来てくれた時のスキンシップ不足に繋がります。「会えない時間が相育てるのさ・・・(BY郷ひろみ)」というような、離れている時間でも愛や信頼を育てる方法をそれぞれで話し合ってみるのもいいですね♪

 

こまめに連絡をとりあい、週末や休日はお互いに行き来する、遠出をする、夫婦生活に慣れがでないようにたまに二人で旅行やランチに出かける工夫をする。

 

小さい努力が家族と夫婦の絆を更に強くするのかもしれません♪

 

あとは・・・離れている間の暇つぶしや退屈時間に「イタズラ」をしないような監視、チェック体制も大事かもしれませんね♪ただ、こういったことも離れて暮らしているからこその、「楽しみ」と考えれば、結構楽しいかもしれません(・∀・)

 


失敗しない単身赴任マニュアル100

 

↑単身赴任のメリット、デメリットを事前に理解しておくと円満な単身赴任ライフが過ごせます!


更新履歴