単身赴任 世帯主 住民表

MENU

 

↑引越し費用が最大50%OFF!単身プランが激安!↑

単身赴任が決定した際の最優先事項でもある単身赴任先への引越しを業者に依頼する際は必ず、早めの日程の調整と費用の比較をしておきましょう!

世帯主の単身赴任による住民票などの諸手続き

世帯主の単身赴任が決定した場合、気になるのが「住民票」を移すかどうかです。

 

単身赴任での「住民票」移転は市県民税や住民税、パスポート取得などなど色々と重要な手続きに支障がでます。

 

一般的に家族とくらしていた単身赴任前の住居・住民票の記載先が近距離でちょくちょく帰ることが多かったり、単身赴任が短期間で終わると決定している場合は住民票を移さない方が多いようです。私の会社の世帯主の方も単身赴任の人がいますが、住民票は移していません。しかし、家族で引っ越す場合には、子供の学校の関係上移さなければいけません。

 

また、一年以上継続して生活の本拠が移る場合は転居(または、転出・転入)の届出が必要です。これは、予め一年以上の転勤が予想される場合はその時点で、そうでない場合は一年を経過することが明らかになった時点で届け出れば問題は発生しません。従って、単身赴任であっても一年以上の期間が予め判っている場合は住民票を移す必要があります。

 

単身赴任だけでなく、実家から一人暮らしをはじめる新卒社会人一年生、新入学の大学生も住民票移転は考えておく必要がありますね!

 

ちなみに住民票の移転で変わってくるのが
・税金
・選挙
・図書館
・自動車等の購入
・印鑑証明
などです。

 

住民票の移転は単身赴任の期間、場所などを考慮しましょうね!